光回線安いのはどこ?月額料金をググッと下げる方法を暮らし方別で解説

光回線 安い

「安い光回線を契約したいけど、料金が複雑でよく分からない…。」

光回線は料金の仕組みなどが複雑でどこが安いのか分かりづらいですよね。

この記事では、図や表をたくさん使いながらできるだけ単純に説明していきます。

自分が納得した上で一番安い回線を選べるようになるので、ぜひ参考にしてください!

 

ネット料金の相場

まずはネット料金の相場を確認しておきましょう。(既に契約している方は、今の金額が適正かどうかを確認してみてください。)

まず、ネット回線には大きく分けて次の3種類があります。

  1. 光回線
  2. ポケットWi-Fiの回線
  3. テレビ・電話回線

それぞれ相場を解説していきますね。

 

結論だけ先にお伝えすると、月のインターネット利用料の平均は以下の通りです。

平均インターネット利用料
  • 家族で使っている:5,000~6,000円
  • 一人で使っている:4,500前後


これ以上にネット料金がかかってしまっている方は、ぜひ見直してみてください!

それでは①~③の料金相場を見ていきましょう。

 

①光回線の料金相場と平均

以下は有名な光回線の比較一覧表です。

基本月額料金
マンション 戸建て
平均 4,183円 5,200円
ソフトバンク光 3,800円 5,200円
ドコモ光 4,000円 5,200円
auひかり 3,800円 5,100円
NURO光 4,743円 4,743円
So-net光 4,980円 5,980円
BIGLOBE光 3,980円 4,980円
@nifty光 3,980円 5,200円

マンションタイプの方は4,000円ちょっと一戸建てタイプの方は5,000円ちょっとが平均となります。

 

ちなみに、地域やエリアによる違いは基本的にはありません。

どこの地域でも上記どれかの光回線が使えるので、料金も↑この表の通りになります。

 

もしこれ以上に料金がかかっている場合は、ぜひ見直してみてくださいね。

ちなみに、「今すぐ安いおすすめ光回線が知りたい!」方は、【こちらへジャンプ】すると確認できます。

(キャンペーン適用後の料金などを解説しています。)

 

ポケットWi-Fiの料金との比較

では次に有名ポケットWi-Fiの料金相場を比較していきましょう。

月額料金
平均 3,613円
WiMAX(GMOとくとくBB) 4,263円
WiMAX(BroadWiMAX) 3,411円
ネクストモバイル 3,300円
どんなときもWiFi 3,480円

※実際にはここからキャンペーンやキャッシュバックで引かれます

平均としてはやはり3,500円前後ですね。

光回線より安いですが、500円~1,500円程度の違いなので、”格安”というわけではありません。

 

ポケットWi-Fiの方がおすすめな人

「光回線とポケットWi-Fiどっちの方がいいんだろう?」という方は以下の図を参考にしてみてください。

Wi-Fiフローチャート

光回線とポケットWi-Fiの最も大きな違いは持ち運べるかどうかという点です。

さらに、ポケットWi-Fiは普通一人で使うもの。

そのためどこでもパソコンでネットを使いたい方や、一人暮らしの方に最適なWi-Fiとなります。

 

逆に家族で使いたい場合は、光回線をシェアしたほうが一人当たりの料金が圧倒的に安いです。

性能も光回線の方が優れているため、利用目的や環境を比較して最適な方を選んでみてくださいね!

 

テレビ・電話回線の料金相場

最後にテレビ・電話回線の料金相場です。

まずテレビに関しては、以下のようになっています。

月額料金
平均 1,590円
アンテナ 450円
ケーブルテレビ 5,000円
光テレビ 1,500円
フレッツテレビ 1,000円
元々備わっている
(マンションなど)
0円

※ここにNHK受信料などがかかります。

マンションの方だと最初からアンテナが立っている場合も。

なのでもしかしたら全くお金がかかっていない方もいるかもしれませんね。

 

ちなみに、高い回線と安い回線の大きな違いはチャンネル数です。

「契約したは良いけどそこまで色々なチャンネルを見ているわけではない」という方は見直してみるといいかもしれませんよ!

詳細はこちらのページでも解説しています。

 

次に電話回線の相場はこちらのようになっています。

月額料金
平均 1,150円
アナログ回線 1,800円
ひかり電話 500円

比較してみるとひかり電話の方が圧倒的に安いです。

アナログ回線を使っているという方は、ひかり電話を検討してみてください。

 

そもそも通信費ってどれぐらいに抑えるべき?

そもそも月の通信費はどれくらいに抑えるべきでしょうか?

基準としては、13,000円以内に抑えることができるとGoodです

内訳としては以下の通り。

  • スマホ利用料
  • スマホ端末代
  • ネット回線

 

これらの合計が13,000円以内になるように工夫する必要があります。

ここからはスマホ利用料とネット光回線をセットにして大幅に安くする方法を解説していきますね!

 

料金の仕組み

それでは、光回線選びに関してより詳しく見ていきましょう。

まずは光回線の料金の仕組みについて、以下の図を参考にしてください。

光回線 料金

要するに、選ぶべき光回線は次の条件を満たしたものです。

選ぶべき光回線の特徴

  • 月額料金と工事費が安く、
  • 割引・キャッシュバックが大きいもの

それぞれの要素を詳しくみていきましょう。

 

月額料金

月額料金とは単純に、毎月かかる光回線の利用料のこと。

この月額料金を考えるときに注意しなければいけないのが、「実質料金」という表記です。

 

実は、光回線はスマホとセットにすることで、携帯料金から割引をしてもらうことができます。

割り引きされた「実質料金」で契約するには、自分のスマホとセットになる光回線を申し込みしなくてはいけません

【光+スマホ】の合計料金を考え、全体で安い光回線を選びましょう!

 

光コラボ・割引

光回線ではスマホと光回線を組合わせることによって、月額料金を大幅に割引してもらうことができます。

割引額はだいたい、

割引額の目安
「スマホの契約台数」×「500~1,000円」

4人家族だったら最大4,000円も月額が安くなるということですね!

 

ここで注意しなければいけないのが、光回線とセットにできるスマホが指定されているということです。

例えば、ドコモ光で割引を受けるためには、ドコモのスマホユーザーでなければいけません。

〇「ドコモユーザー×ドコモ光」
×「ソフトバンクユーザー×ドコモ光」

そのため光回線を選ぶときには、自分の使っているスマホとセットになる会社を選ぶようにしましょう。

 

各キャリアの割引額

具体的に、どのスマホセットがどれくらい割引になるかは以下の比較表を参考にしてください。

対象のスマホ 割引額
ソフトバンク光 ソフトバンク 人数×1,000円(最大)
NURO光 ソフトバンク 人数×1,000円(最大)
ドコモ光 ドコモ パケットパック:3,500円(最大)
ギガホ:人数×1,000円(最大)
auひかり au 人数×1,000円(最大)
So-net光 au 人数×1,000円(最大)
BIGLOBE光 au 人数×1,000円(最大)
@nifty光 au 人数×1,000円(最大)

先ほど解説したようにスマホ料金からの割引となるので、注意してください。

 

キャッシュバック

光回線では、スマホ割引とは別にキャッシュバックをもらえることがあります。

だいたい数万円が還元されるので、場合によってはかなりお得になるキャンペーンです。

 

ただ、キャッシュバックを受け取るためには「オプション加入しなければいけない」などの条件があります。

窓口によってキャッシュバック額や条件が変わってくるので、詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

 

工事費

光回線の契約時に忘れてはいけないのが工事費。

初回だけですが、結構な額が請求されてしまうので注意が必要です。

工事費の相場は以下の通り。

工事費相場
マンション
アパート
20,000円~40,000円
戸建て 15,000~25,000円

 

とはいえ、工事費は次のような形で割引されることがほとんどです。

工事費の割引

  • 工事費と同じ金額が割引(1,500円×30カ月の工事費に対し、1,500円×30カ月の割引など)
  • 工事費と同じ金額がキャッシュバック


これによって工事費を実質無料にできる場合が多いんですね。

ただし、キャンペーンやキャッシュバックを受け切る前に解約してしまうと、分割払いが相殺されません。

するとちょっと損になってしまうので気を付けてくださいね。

*フレッツ光から光コラボへの乗り換えの場合は、フレッツ光回線をそのまま転用でき、工事費は発生しないため早いプロセスで利用開始できます。

プロバイダ

プロバイダとは、光回線とインターネットを繋げる門番のようのなものです。

プロバイダ Wi-Fi

ただ現在の光回線は、回線とプロバイダがセットにまとめられている場合がほとんど。

そのためあまり気にする必要はありません。(セットになっていない場合は、別途月額900~1,000円程度かかります。)

 

ちなみに、申し込み窓口のことをプロバイダと言う場合もあります。

その場合はプロバイダによってキャッシュバック額が変わってくるため、回線選びの大事なポイントになります。(詳しくは次の見出しを参照)

 

キャンペーン

光回線の契約では、申し込み窓口によって色々なキャンペーンがあります。

例えばドコモ光のキャンペーン内容を比較してみると次のようなかんじに。

 

キャンペーン内容
家電量販店 20,000円程度のキャッシュバック
価格コム 最大103,860円のキャッシュバック
Web申し込み
(公式/プロバイダ窓口)
20,000~60,000円程度のキャッシュバック

ただ、家電量販店や価格コムのキャッシュバックを受け取るには、余計なオプション加入などの条件があります。

結局通常よりも損な契約になってしまう場合が多いので、あまりオススメはできません。

Webのプロバイダ(窓口)経由で申し込むのが最もお得になる可能性が高いです。

 

選び方

それではいよいよ最適な光回線を選んでいきます。

選び方のポイントとしてはは次の3点から考えること。

光回線選びのポイント

  1. 暮らし方
  2. 料金
  3. 通信速度

また、光回線の選び方を確認するならこちらも人気です。

関連記事:おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方

 

①:暮らし方

まずは暮らし方ですが、具体的には

  • 戸建て暮らしか
  • 20,000円程度のキャッシュバック

を分けて考えましょう。

というのも、「マンションはこの回線が安いけど、戸建てならあっちの方が安い」ということがあるので、次のように選ぶのがオススメです。

chart_all

建物によっては対応していない回線があったりもするので、契約前に必ず確認するようにしましょう。

 

②:料金

続いては月額料金ができるだけ安い会社を選んでいきます。

まず、光回線はさきほども解説したようにスマホとのセットで大幅に割引きされます

なので、使っているスマホとセットになる光回線で、かつ安いところを選ぶようにしましょう。

セット割 基本月額料金
マンション 戸建て
ソフトバンク光 ソフトバンク 3,800円 5,200円
NURO光 ソフトバンク 4,743円 4,743円
ドコモ光 ドコモ 4,000円 5,200円
auひかり au 3,800円 5,100円
So-net光 au 4,980円 5,980円
BIGLOBE光 au 3,980円 4,980円
@nifty光 au 3,980円 5,200円
enひかり 無し 3,300円 4,300円

大手3キャリア以外のスマホ(格安SIMなど)を使っている方は「enひかり」が最も安くおすすめです。

 

通信速度

続いて、やはりWi-Fiは通信速度も大切ですよね。

 

しかし光回線を選ぶ際には、速度はあまり気にする必要はありません。

光回線はどこの会社を選んで、通信速度に大差がないからです。

通信速度
ソフトバンク光 最大1Gbps
NURO光 最大2Gbps
ドコモ光 最大1Gbps
auひかり 最大1Gbps
So-net光 最大1Gbps
BIGLOBE光 最大1Gbps
@nifty光 最大1Gbps
enひかり 最大1Gbps

また実際にはYouTubeなどの動画を観るのに、そこまで通信速度は必要ないんです。

YouTubeに必要な通信速度
フルHD画質=10Mbps(0.01Gbps)で快適

そのため速度よりも料金重視で選んだほうがコスパがよくなるんですね。

 

どうしても気になる方や、速度に強いこだわりを持つ方は「NURO光」を選ぶのがオススメ。

NURO光は今のところ最も通信速度が速い回線を使っているからです。

 

おすすめの光回線

ここまでの解説を踏まえ「具体的にどの回線にすればいいのか?」を見ていきましょう。

繰り返しになりますが、光回線の割引はスマホ料金から引かれるものがほとんどです。

そのため、最終的には【光+スマホセット】ができるような回線を選ぶのがポイントです。

 

戸建ての場合

まずは戸建ての場合のおすすめ回線を紹介していきます。

マンションで利用予定の方はこちらからジャンプすることができます。

  1. 実際の料金
  2. 割引を含めた実質料金

の順番で紹介していきますね!

 

①:実際の料金で安い光回線

割引を抜きにした実際の料金が安い光回線ランキングトップ3です。

実際の料金が安い光回線トップ3

  1. enひかり
  2. NURO光
  3. BIGLOBE光

①enひかり
キャッシュバック 無し
通信速度 最大1Gbpsだから
かなり速い
月額料金 かなり安い
戸建て:4,300円
wi-fiルーター 最高水準IPv6対応(月額180円)だから
とても良い
セット割引 無し

enひかりはキャッシュバックやセット割キャンペーンがなく、純粋な月額料金が安い回線。

スマホを格安SIMにしている方に最もおすすめです

 

②NURO光
キャッシュバック 45,000円キャッシュバック
通信速度 最大2Gbpsだから
世界最速
月額料金 安い
戸建て:4,743円
Wi-Fiルーター 最高水準IPv6対応だから
かなり良い
セット割 softbank(ソフトバンク)
最大1,000円/月×台数
携帯料金がかなり安くなる

NURO光の特徴は何と言っても世界最速の津新速度!

速度にこだわりのある方に最もおすすめです

 

③BIGLOBE光
キャッシュバック 25,000円キャッシュバック
通信速度 最大1Gbpsだから
かなり速い
月額料金 安い
戸建て:4,980円
Wi-Fiルーター 最高水準IPv6対応だから
かなり良い
セット割 au
最大1,000円/月×台数
携帯料金がかなり安くなる

BIGLOBE光はキャッシュバック額の大きさと月額料金の安さが魅力の回線。

NURO光が対応していない地域の方におすすめです

 

②:割引を含めて総合的に安い光回線

スマホセットの割引を適用した実質料金が安い回線を紹介します。

以下の図を参考に、使っているキャリアに合った回線を選んでみてください。

chart_all

※一人暮らし、家族暮らし共通でこの選び方です。

 

ちなみに、「auひかり」「NURO光」は一部対応していないエリアがあるので注意してください。

対応していないエリア
auひかり 東海(岐阜・愛知・静岡・三重)
関西(滋賀・京都・大坂・兵庫・奈良・和歌山・福井)
NURO光 東北・北陸・中国・四国・九州一部
(北海道・関東・東海・関西・九州のみ対応)

 

マンションの場合

次はマンションの場合のおすすめ回線を紹介していきます。

  1. 実際の料金
  2. 割引を含めた実質料金

の順番で紹介していきますね!

 

①:実際の料金で安い光回線

割引を抜きにした実際の料金が安い光回線ランキングトップ3です。

実際の料金が安い光回線トップ3

  1. enひかり
  2. auひかり
  3. ソフトバンク光

①enひかり
キャッシュバック なし
通信速度 最大1Gbpsだから
かなり速い
月額料金 かなり安い
マンション:3,300円
Wi-Fiルーター 最高水準IPv6対応(月額180円)だから
とても良い
セット割 無し

割り引きなしで3,300円は破格ですよね!

スマホを格安SIM(楽天・LINEモバイル等)にしている方に最もおすすめです

 

②auひかり
キャッシュバック 10,000円キャッシュバック
通信速度 最大1Gbpsだから
かなり速い
月額料金 かなり安い
マンション:3,800円
Wi-Fiルーター なかなか良い
IEEE802.11a,b,g,n,ac対応
セット割 au
1,000円/月×台数
携帯料金が安くなる

auひかりはキャッシュバック額がかなり大きいのが特徴。

よりお得に契約をしたい方におすすめの回線です

 

③ソフトバンク光
キャッシュバック 24,000円+解約金全額キャッシュバック
(乗り換え時)
通信速度 最大1Gbpsだから
かなり速い
月額料金 かなり安い
マンション:3,800円
Wi-Fiルーター 最高水準IPv6対応だから
かなり良い
セット割 softbank(ソフトバンク)
最大1,000円/月×台数
携帯料金がかなり安くなる

ソフトバンクは料金が安く、通信品質も高い回線です。

 

②:割引を含めて総合的に安い光回線

スマホセットの割引を適用した実質料金が安い回線を紹介します。

以下の図を参考に、使っているキャリアに合った回線を選んでみてください。

<一人暮らし|マンションの方>

一人暮らし マンション

運良く対応していれば、NURO光forマンションが最もおすすめです。

<一人暮らし|戸建ての方>

一人暮らし 戸建て

 

<家族暮らし|マンションの方>

家族暮らし マンション

各キャリアに合わせた回線がおすすめです。

<家族暮らし|戸建ての方>

家族暮らし 戸建て

こちらもやはり携帯のキャリアに合わせると割引が高く、実質の料金が安いのでおすすめです。

 

NURO光・auひかりは対応していないエリアもあるので、以下の表を確認してみてください。

対応していないエリア
auひかり 東海(岐阜・愛知・静岡・三重)
関西(滋賀・京都・大坂・兵庫・奈良・和歌山・福井)
NURO光 東北・北陸・中国・四国・九州一部
(北海道・関東・東海・関西・九州のみ対応)

 

アパートの場合

最後にアパートの場合ですが、これはマンションの方と全く同じ選び方で問題ありません。

料金や対応エリアは基本的に同じだからです。

 

以下の図を参考にしてみてください。(マンションと同じ図です。)

<一人暮らし|アパートの方>

一人暮らし マンション

こちらも対応しているなら、NURO光forマンションが最もおすすめです。

<家族暮らし|アパートの方>

家族暮らし マンション

アパートの場合でも、各キャリアに合わせた回線がおすすめです。

 

テレビや電話を使いたい場合

テレビや電話の場合は、実は光回線と選び方が違います。

テレビを観るためにはただ光回線に繋がっていればいいわけではないんですね。

次のどれかの方法が必要になります。

テレビを観る方法

  • アンテナを立てる
  • ケーブルテレビを契約する
  • 光テレビを契約する
  • フレッツテレビを契約する
  • 元々建物に備わっている(別途契約不要)


詳細はこちらを確認してみてください!

 

ドコモ光

スマホ割 ドコモ
ギガホ:1,000×人数
パケットパック:3,500円
基本料金 マンション:4,000円
戸建て:5,200円
通信速度 1Gbps
キャッシュバック 20,000円
支払い方法 口座振替,クレジットカード,請求書払い
おすすめ窓口 GMOとくとくBB

◉工事期間

ドコモ光の工事期間を実際に電話で聞いてみたところ、申込から約1ヶ月とのことでした。

◉対応エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部

大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県の各一部

ドコモ光に関する口コミを集めました。

 

関連記事:ドコモ光の契約前に知りたいデメリットとおすすめキャンペーン

auひかり

スマホ割 au
1,000円×人数
基本料金 マンション:3,800円
戸建て:5,100円
通信速度 1Gbps
キャッシュバック マンション:20,000円
戸建て:27,000円
支払い方法 口座振替,クレジットカード,請求書払い
おすすめ窓口

◉工事期間

auひかりの工事期間を実際に電話で聞いてみたところ、マンションは2〜3週間、戸建ては1〜1.5ヶ月だそうです。

◉非対応エリア

大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、滋賀県、愛知県、岐阜県、静岡県、三重県

関西エリアと東海エリアで非対応の地域があります。

◉口コミ・評判

auひかりに関する口コミを集めました。

関連記事:auひかり契約前に知りたいデメリットとおすすめキャンペーン

ソフトバンク光

スマホ割 ソフトバンク
ギガホ:1,000円×人数
基本料金 マンション:3,800円
戸建て:5,200円
通信速度 1Gbps
キャッシュバック 33,000円
支払い方法 口座振替,クレジットカード
(※請求書払い無し)
おすすめ窓口

◉工事期間

ソフトバンク光は工事期間中に、申込から2,3日でレンタルWi-Fiを貸し出してくれるので安心です。

◉対応エリア

東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、栃木、群馬、愛知、静岡、岐阜、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、福岡、佐賀

関西エリアと東海エリアで非対応の地域があります。

◉口コミ・評判

ソフトバンク光に関する口コミを集めました。

NURO光

スマホ割 ソフトバンク
1,000円×人数
基本料金 4,743円
マンションプラン
通信速度 1Gbps
キャッシュバック マンション:20,000円
戸建て:27,000円
支払い方法 口座振替,クレジットカード,請求書払い
おすすめ窓口

◉工事期間

NURO光の工事期間は調査中ですが、平均的には申込から1ヶ月程度です。

◉対応エリア

  • 北海道
  • 関東地方
  • 東海地方
  • 関西地方
  • 福岡県・佐賀県

◉口コミ・評判

NURO光に関する口コミを集めました。

関連記事:NURO光契約前に知りたいメリット・デメリットと契約手順まとめ

NURO光forマンション

NURO光 for マンションは、1人暮らしでマンションに住む人におすすめです。

NURO光は、最大2Gbpsの超高速インターネットなので非常に快適に通信できます。回線が混んで遅くなりやすいと言われるマンションでも実際の速度が300Mbps以上出たことがあります。

NURO光 for マンションは同じ集合住宅の契約人数に応じて料金が安くなるのが魅力です。

NURO光の気になるスペックをまとめました。

  • 通信速度(下り):最大2Gbps
  • 通信速度(上り):最大1Gbps
  • レンタル:ONUホームゲートウェイタイプ最大1.3Gbps対応が無料

NURO光 for マンションの提供エリアは下記のとおりです。

  • 北海道
  • 関東(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
  • 東海(愛知、静岡、岐阜、三重)
  • 関西(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
  • 九州(福岡、佐賀)

※提供は集合住宅のみです。

NURO光 for マンションの口コミをまとめました。

NURO光の口コミを探していると、速度が改善されたという声は非常に多いです。

また月額料金の安さも目立っていました。NURO光forマンションなら最安2,500円/月で利用できますからね。

enひかり

en光は、格安SIMを利用していて大手キャリアのセット割を利用できない人におすすめです。

ドコモ・au・ソフトバンクのセット割のような割引はないものの、基本料金が安く解約金も契約期間もありません

en光のスペックをまとめました。

  • 通信速度(下り):最大1Gbps
  • 通信速度(上り):最大100Mbps~おおむね1Gbps
  • レンタル:ONUホームゲートウェイが200円/月。無線LAN機能付きは300円/月

en光の対応エリアは以下のとおりです。

en光の口コミをまとめました。

安い回線を使いたい人によくある質問

ここからは光回線に関するよくある質問を紹介していきます。

できるだけ安い契約ができるように、細かいところまで説明していきます。

ぜひ参考にしてみてください!

 

ADSLと光回線はどちらが安い?

光回線は安いのですか?

最近NTT?から「ADSL回線より光回線のほうが安くなりますよ」と勧誘の電話がかかってきます。

(中略)

結局光回線ではもっとも安いパターンで、ADSLよりも安いのでしょうか?

引用元:Yahoo!知恵袋

光回線とADSLの相場を比較すると、次のようになります。

月額料金
ADSL マンション:2,700円
戸建て:2,700円
光回線 マンション:4,183円
戸建て:5,200円
(ここからスマホ割引き)

※サービス終了を予定しているADSLが増えています。

ADSLは一世代前の回線です。

通信速度が遅いので、できれば光回線がおすすめですよ。

 

ネットとテレビを一緒に使うならどこが安い?

インターネットおよび地デジの安い会社を教えてください

現在、ケーブルテレビ会社と契約(インターネット含む)をしているのですが、
テレビはあまり見ないため、この機に会社を変更しようと思います。

引用元:Yahoo!知恵袋

テレビを契約したいのであれば、相場は次のようになります。

月額料金
アンテナ 450円
ケーブルテレビ 5,000円
光テレビ 1,500円
フレッツテレビ 1,000円
元々備わっている
(マンションなど)
0円

※ここにNHK受信料などがかかります。

詳細はこちらを確認してみてください!

 

固定電話と光電話はどちらの方が安い?

普通の電話かひかり電話のどちらが安いのでしょうか??

現在、NTT西の普通電話とフレッツ光に加入しています。
普通電話ですが、ほとんど使用せず(毎月1~200円)、お支払いはほとんど基本料金のみです。

フレッツ光に加入しているので、ひかり電話に加入したほうが安いのか?と思うのですが、いかがなのでしょうか??

引用元:Yahoo!知恵袋

結論から言うと、ひかり電話の方が圧倒的に安いです。

月額料金 工事費
アナログ回線 1,800円前後 0~2,000円
ひかり電話 500円 0円(光回線と同時申し込みが必要)

 

ただ、通話にスマホやLINEを使っている方であれば、そちらで十分な可能性も。

そのため、契約前に「そもそも家の固定電話は本当に必要なのか?」を考えてみてください。

 

詳細はこちらの記事でも解説しています。

 

地域やエリアで特別に安い光回線はあるの?

「地域限定の安い光回線があるのではないか?」と疑問に思う方も多いですよね。

結論から言うと、あります。

以下の表を参考にしてください。

地域 基本月額料金 スマホ割
マンション 戸建て
eo光 近畿地方
福井
3,800円 5,200円 au
コミュファ光 東海地方 5,250円 5,250円 au
メガ・エッグ 中国地方 3,200円 4,200円 au
BBIQ 九州地方 3,100~5,800円 4,800円~5,800円 au

※BBIQは2年目から料金が上がります。

 

先ほど紹介したおすすめ回線より安い契約ができるのが、以下の2つです。

おすすめの地域限定回線
  • eo光:【関西×auユーザー】
  • メガ・エッグ:【中国地方×auユーザー】


上記の組み合わせに該当する方は、限定回線を使った方がお得に契約ができますよ!

 

乗り換えると安いの?

スマホ割やキャンペーンをうまく利用して乗り換えることができれば安くなります。

フレッツ光→光コラボへの乗り換えは特におすすめです。

 

ただ、乗り換え時に注意しなければいけないのが次の3点。

乗り換えの注意点

  • 違約金がかかる場合がある
  • 撤去工事費用がかかる場合がある
  • スマホ割を適用しないとあまり安くならない


そのため、まず違約金や撤去工事費用がいくらかかるかを調べてみましょう。

乗り換えに関する詳細はこちらの記事で解説しています。

 

光回線をそのままで安くする方法

「光回線の料金を見直したい。けど乗り換えはめんどくさい。」

という方は次の2つを確認してみてください。

  • 余計なオプションがついていないか
  • よりお得なプロバイダ(契約窓口)がないか

 

これによって今の光回線を乗り換えずにより安くすることができるかもしれません。

特にプロバイダ(契約窓口)を変えることによって、お得になるケースが多いです。

 

おすすめプロバイダ キャッシュバック額
ドコモ光 GMOとくとくBB
@nifty
DTI
最大20,000円
auひかり GMOとくとくBB 最大61,000円

※上記以外(ソフトバンク光・NURO光・BIGLOBE光など)はプロバイダを選ぶことができません。

詳しくは光回線の乗り換え記事を参考にしてみてください。

 

安い光回線の結論

光回線 安い

ここまでの内容を簡単にまとめます。

安い光回線の選び方まとめ
  • ネット料金は月に13,000円以上かかっていたら節約できる可能性大!
  • 光回線はスマホとセットにすることで大幅に安い契約ができる!
  • 「戸建てorマンション」と「スマホとセットになるか」で最適な回線を選ぶべき!


上記を踏まえたおすすめの回線は次の通りです。

chart_all

新しく光回線を契約する方も、今の費用を見直したい方も。

ぜひこの記事を参考にお得で安い回線を選んでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です