下り・上り速度とは?10秒でわかるインターネット用語解説

インターネット回線において下り、上りとはそれぞれ以下のことを指します。

下りデータのダウンロード、読み込み、サイトの表示にあたっての速度
上り:メールの送信などデータのアップロードにあたっての速度

主にサイトや動画などのコンテンツの閲覧をするときにインターネットを利用する方は、下りの速度が速いと快適です。

下り・上り速度とは?どっちを重要視すべき?

下りがデータの読み込み、上りがデータの送信時にあたっての速度を指します。快適にインターネットを利用するにはどちらをどれくらいの速度のものにすればいいのでしょうか?

サイト・動画を快適に見たい場合は?

下りの速度を重要視することをおすすめします。先述した通り、下りはデータを読み込む時の速度を表しているため、この速度が速いとそれだけ快適にコンテンツを閲覧できます

オンラインゲームをよくされる方も下り速度を重要視することをおすすめします。ゲームの場合はリアルタイムでプレイヤーの入力操作があるため上りも重要に考えられるのですが、読み込むデータのほうがはるかに大きいです。

ゲームに関しても快適にプレイしたい場合は下りの速度を重要視することをおすすめします。

動画配信などをしたい場合は?

上りの速度を重要視することをおすすめします。上り速度が足りないと、動画投稿のエンコード時間が長くなってしまったり、リアルタイム配信ではカクついてしまったりすることがあります。

動画配信など発信していくことが多いクリエイターの方などは上り通信にも気を使ってあげられると快適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です