キャリアアグリゲーションとは?10秒でわかるインターネット用語解説

wi-fi キャリアアグリゲーション

キャリアアグリゲーション(Carrier Aggrigation)は、周波数帯が異なる複数の電波を束ねて1つにしたものを通信回線としてデータの送受信を行う技術のことを指します。

LTE通信においてこの技術は採用されており、帯粋幅を広げることによって高速データ通信を可能にしています。

複数の周波数隊を合計した速度で通信が可能なため、モバイル端末上で、より大容量なデータを快適に通信可能になります。

キャリアアグリゲーションとは?速くなる理由は?

キャリアアグリゲーションは複数の異なる周波数帯の電波を合わせて、帯粋幅を広げることにより高速データ通信を実現している技術です。ではどうして速くなるのでしょうか?

キャリアアグリゲーションはどうして速い?

先述した通り複数の周波数帯を束ねて通信を行っているため、単純に処理できるデータのボリュームが大きくなるためです。例えば下り最大75Mbpsの電波帯が2つあり、この2つを同時に使うことによって下り最大150Mbpsで通信できるようになります。

その他には「周波数ダイバーシティ効果」と呼ばれるものがあります。これには以下の効果があげられます。

  • 複数の周波数帯から電波状態の良い周波数帯を優先して利用
  • 受信した信号を合成することによるノイズの除去

以上の効果により通信の質の向上を図ることが可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です